古き知識の結晶

占いというのは古くから存在していて神格された存在と言っていいでしょう。

遂に日本上陸!圧倒的ポイントキャンペーン

カジ旅へ

紀元前から存在

占いの歴史というのはいつから始まったのでしょうか?実はどこから始まったのかという明確な答えは出ていませんがエジプトが起源だというのが濃厚とされているらしいです。世界同時期にいきなりはじまったような感じでその起源は古く紀元前2000年前から占い師というものが存在しておりましたし、もっと前から存在したのではないかと言われてもおります。

古代遺跡の中でも星読みなどが行われていましたし、星の活動を元に行動していたとも言われておりますので今よりももっと占いというのは重要な存在なんです。当時は一般の人では見ることもできない高貴な存在であり、王の側近と呼ばれて国の行く末などをアドバイスしていたので王よりも権力をもっていたとされております。

今でも一般的には知られていないですが、日本でも有名な占い師が存在しており国のお偉いさんがどうすればいいのか?という意見やアドバイスをもらっている人もいると言われているぐらいですので今でも重要なポジションだとされておりますし他の国ではもっと占いというのは浸透しており国の首都なども占いで動かすと言われております。

昔の場合はもし外したら大変なことになるのでハイリスクハイリターンな職業だったのではないかと思います。次第にそれがどんどん身近な存在へと変わっていったのです。

今では誰もがどこかしらで占いの情報が乗っていたらついつい自分の運勢はどうだろうと気になってしまうものです。別に信じるわけではないけどもし良いことが書いてあったらちょっと気分が良くなりますよね。

占いというのはその良い気分にさせてくれるからこそそういった気持ちになるのではないかと思います。そしてここまで多くの国で定着したということはそれだけ人は何かにアドバイスをもらいたいのかもしれませんね。

Copyright(c) 2014 占いをもっと身近に. All Rights Reserved.