Bodog

ボードッグのスポーツベット「オッズ」の紹介&説明!

オンラインカジノやスポーツベッティングをするプレイヤーは年々増えていっています。オンラインカジノは初めてのプレイヤーであってもすぐにプレイすることがしやすいと思いますが「スポーツベッティング」に関してはよくわからない小数点(オッズ)がたくさん並んでいて初めての人は少し戸惑うかもしれません。そこで今回は「Bodog(ボードッグ)を使ってスポーツベットのやり方」を紹介していきたいと思います。

スポーツベッティングとは?スポーツベット・ブックメーカーとの違いとは?

そもそも「スポーツベッティング」「スポーツベット」「ブックメーカー」と言われるものがありそれぞれどんな意味がありどんな違いがあるのでしょうか?

これらは日本でいうところの「スポーツ賭博」という意味になります。まず「ブックメーカー」から説明するとブックメーカーというのはスポーツ賭博の「胴元」のことを指しています。そのためスポーツベッティングが出来るサイトのことを「ブックメーカー」といい「スポーツベッティング」や「スポーツベット」というのは実際にスポーツに賭ける行為そのものを指しているということになります。

Bodog(ボードッグ)のスポーツベッティングするオッズを解説!

「Bodog(ボードッグ)」を使って実際におこなわれている試合を見ながら基本的なオッズの紹介していきたいと思います。

これがBodog(ボードッグ)のトップ画面になります。今は「ライブゲーム」の倍率が表示されている状態になります。
ライブゲームにすると今現在試合中となっていてスポーツベッティング出来る試合中のものだけが競技問わず出てきます。

ライブカジノでは無い他のスポーツに賭けたいという時は上の方にある項目から好きなスポーツを選択してください。右上の「全ての競技」を選択すると他のものも出てくるようになります。
今回は現在プレイ中のサッカーを使ってオッズの説明をしていきます。

まずこのようなオッズが並んでいるところから試合を選んでいきます。左の白枠が試合時間を指しています。白枠のある試合では「前半2:56」なので試合が始まったばかりなのに対して下の「アラブ首長国連邦」の方では「2H54:55」というものになっています。これは後半の54:55ということになります。
Bodog(ボードッグ)では「後半」と表記してある試合もありますが「2H」と表示されている時もあるのでその時は「後半」ということを覚えておいてください。

赤枠と青枠のところは何やらオッズがたくさん並んでいてよくわからないことになっています。ですがこれは赤枠と青枠で別々になっています。内容を見てみると青枠は「FT」赤枠は「1H」ということになっています。
赤枠の「前半だけの賭け」に対して青枠は「試合結果の賭け」ということになっています。そのため「アラブ首長国連邦」の試合では赤枠部分のオッズが消えています。これは後半になっているので前半で賭けれたものが終わっているからになります。次は「HDP」「O/U」「1×2」をそれぞれ紹介していきます。

「HDP」はハンディーキャップ

「HDP」というものは「ハンディーキャップ」になります。オッズの左に「0」「0.5」とあるのが見えるでしょうか?これは負け予想となるチームに対してハンデを与えて試合がどうなるのか?ということを予測するものになります。
アラブ首長国連邦の「アル・ジャジーラ」対「アル・ダフラ」では「アル・ジャジーラ」に対して「0.5」「1」のハンデが与えられています。そのため両方とも無得点で試合が終わった場合は「アル・ジャジーラ」に賭けていれば予想的中として今の時点で賭けていれば賭け金が「1.81倍」となって払い戻しされるということになります。「アル・ダフラ」が1得点決めてもハンデが「1」あるためスポーツベット上では同点ということになっています。

「O/U」はオーバー/アンダー

「O/U」とは「オーバー」と「アンダー」という意味になり、特定の点数を超えるか超えないかという二択のものになります。先ほどのアラブ首長国連邦の「アル・ジャジーラ」対「アル・ダフラ」で見ると現在は後半の54:55時点で両チームが無得点になります。「FT O/U」では1.5となっています。つまり試合終了の時までに2得点以上が入るのか?入らないのか?というものになっています。
片方のチームが2得点でも両チームが1得点ずつでもいいので取れるか取れないかを予測します。「アンダー」の方に賭けていて両リームが無得点ならば予想的中でこの時点で賭けていれば賭けた金額が「1.81倍」になって戻ってくるというものになっています。

「1×2」は勝つか負けるか

「1×2」は「ワンバイツー」といいます。これは「1=Home」が勝つか「2=アウェイ」が勝つかもしくは「ドロー」になるかというものになっています。
ハンディーキャップなども無く純粋にどちらが勝つのかを予想するというものになります。

先ほどのアラブ首長国連邦の「アル・ジャジーラ」対「アル・ダフラ」で見ると現在は後半の54:55時点で両チームが無得点なのに対してアウェイである「アル・ダフラ」が勝利する方に賭けると「7.50」となって戻ってきます。これは時間や得点にとって変わっています。

スポーツベッティングのオッズの説明のまとめ

基本の「HDP」「O/U」「1×2」の三つと「1H」「2H」「FT」というものを覚えておく必要があります。
これさえ覚えてしまえばあとは賭けることが出来るようになります。他にももっと細かく賭けることが出来る試合やルールなどもありますが、これをまずは知らないことには何も出来ないので覚えておきましょう。

ちなみに先ほど紹介した「アル・ジャジーラ」対「アル・ダフラ」の試合がどうなったかというと、
試合終了間際にとったものになりますが「4対1」で「アル・ジャジーラ」が勝利しました。オーバーの1.5に賭けていれば試合途中で賭け金が「1.99倍」になっていたということになりますね!